通〜ぶりズム

街を通ぶって歩く、通〜ぶりストたちによるブログです

交流のかたち

高校1年生の時、シンガポールにいた私は現地の中華系の高校に通う生徒と交流する機会があった。“現地校体験”といわれるこの国際交流企画は、希望をすれば参加することができる。シンガポールにいるからこそできることをやってみたいと思っていたことや友人から誘われたこともあり、私は学校の連休中に行われていたこの“現地校体験”に参加した。

 

この“現地校体験”は2日間行われる。事前に相手校の生徒とペアが組まれており、ペアの子と行動を共にする。ペアの子が受ける授業に参加し、昼食を一緒に食べるというように2日間学校にいる間はとにかくずっと一緒にいるのだ。

 

しかし、1日目の授業で私は少しがっかりすることになる。

授業のはじめに先生が「こんにちは。あの日本人の子ね。よろしくね。」と言うと、そのまま何事もなかったように授業が淡々と進んでいったのだ。

科目は数学。ホワイトボードには日本の高校1年生が習わないような難しい数式が書かれ始めた。ペアの子や教室にいた生徒たちは皆、授業についていくのに必死な様子だった。

私も頑張って何をやっているのか理解しようとした。だが、テキストは渡されていない。ただペアの子の横に座っているだけだ。これでは一体何をやっているのかもわからない。

それでも理解しようとペアの子に質問しようとした。しかし、日本語で説明されてもすぐには理解することができる様子ではなかったので、質問することもできなかった。私は先生に当てられることもなく、発言する機会もなかったためただ授業が終わるのを待った。

正直、何のために来たのだろうと思ってしまった。

1日目の夜、明日の授業もこんな感じで進むのかと思うと憂鬱な気持ちになり、2日目はその日一日を乗り切るという当初とは違う目標に変わってしまっていた。

 

確かに現地の中華系の高校に通う生徒たちがどのような環境の中でどんなことを学んでいるのか、日本の高校との違いを知ることができた。それにペアの子とも仲良くなることができた。しかし、“体験”を通じた交流ができたとは言えないのではないか。

 

誤解を招かないように言うと、私はこの企画に対して決して不満があるわけではない。

高校以前にも何度か異文化を持つ人と交流した経験がある。しかし、やはりどれも音楽や遊び、食からお互いの文化を知ることを通じて交流を深めるものだった。

異なる文化を持つ生徒と同じ授業をいきなり受けること、2日間という短い期間であることに“体験”することの難しさがあると考える。

 

現在、パブリックディプロマシーについて学んでいる。

その中で、過去に“現地校体験”に参加し、様々な形で交流してきた私自身の経験を振り返ってみた。ここで感じたことを改めて言語化するなかで、何を目的にどのような形で交流するのか、そしてそのために準備すべきことを考えることがいかに重要であるか気づかされた。

 

f:id:tuuburism:20210620115423j:plain

当時の写真がなかったのでプロジェクションマッピングされたマーライオンシンガポールのビル群。筆者が撮ったもの。